カテゴリー「アウトドア」の17件の記事

2013.05.06

定例更新709 風を切って飛ぶジップライン!

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 352 龍谷ミュージアム 洛中-七条堀川エリア

トピック

風を切って飛ぶジップライン!

13050501

 今年のGWのメインイベントはジップラインである。これはワイヤーに吊り下がって滑走するレジャーであるが、比良山系のビワコバレイにそのツアーがあると聞いて行ったのである。

 麓から一気に大型ロープウエイで上る。何でも日本最速のロープウェイということでたった5分で標高1,000m以上の山頂へ。まずは山科大丸のデパ地下で買い出した食べ物を展望台のテーブルに広げ腹ごしらえ。

 が、結構寒い。しかも晴れたり曇ったり小雨がぱらついたりする微妙な天気。我が輩は晴男だが、メンバーの一人が雨男なので天気も迷っているようだ。

13050502

 ジップラインアドベンチャーは、まずは器具の取り扱いを習い、簡単な練習を経てフィールドへ。

 20名くらいのグループで行動するが7割以上は女性である。そういや数年前のシャワークライミング、その数年前の保津川ラフティングも我々以外皆女性であった。全く日本男児よ、スマホを捨て野に出よ!と言いたくなる。

 谷間を飛び越えて滑走するのはなかなか爽快である。最後は琵琶湖を眼下に両手をフリーにして宙づりで滑走する。ちょっと怖いがなかなか良い体験であった。

 メンバーの一人は体重100kg超で参加できなかったので、写真や動画を撮ってもらった。

 ツアーが終了したとたんに雲が山を覆い、暴風雨に見舞われる。件の雨男には日頃の行いも大概にするよう注意して、山を降りたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011.10.09

定例更新627

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 311 豊国神社・方広寺 洛東-東山七条エリア

コンテンツ修正:リンクの和

トピック

秋のアウトドア料理

11100901

 涼しくなってきた。実はキャンプは肌寒いくらいの方が好きなのである。

 それは、野外料理が美味しいから。暖かい料理の有り難みがよく分かります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010.11.02

ルアー当選したりして

10110201

 チャターベイトと言われる変わったルアーだが、雑誌の懸賞で当選した。
 今までバス釣りは大半がプラグなので、ジグはほとんど使ったことはないが、使い方はプラグ的なので、せっかくなので使ってみようと思うのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2010.10.10

定例更新575

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 285 放生院[橋寺] 山城-宇治エリア

トピック

なんちゃってロクマル捕獲

10101001

 久しぶりのバス釣り。素晴らしいファイト(引き)を堪能した。

 口を開けたら62センチくらいあったが、口閉じ計測で59センチ。本当のロクマルは次回に期待しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010.09.19

定例更新572

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 283 おやじ  焼きそば-洛東エリア

いもたき

10091901

 キャンプに行ったのだが、そのときのメニューは愛媛の郷土料理、いもたき

 昔、愛媛によく出張や旅行に行ったときに食べたものだ。それを思い出して、自己流で作ってみた。

 材料は里芋、鶏もも肉、こんにゃく、人参、ごぼう、ちくわ、揚げ、ネギに昆布と自家製の返し(薄口醤油、みりん、砂糖で作ったもの。4年間継ぎ足して作っている)。

 我ながらうまくできた。締めに入れたうどんが絶品。食べるときに上等の七味があるとなおベスト。お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010.05.16

定例更新554

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 274 シェフ・ナカギリ  洋菓子-山城エリア

山菜採り

10051601

 ひょんなことから山菜採りに行くことになった。
 自然をこよなく愛する達人で、山菜を採り、そこから素晴らしい料理を作る類を見ない人である。誘われて、山に入る。
 写真はシシウド。これもうまいらしい。極力若くて淡い色の株を採取する。

10051602

 ワラビもこんなに伸びきってもお構いなし。
 若いフキやニワトコ、ギボウシ、葛、ゼンマイ、コゴミ、イタドリ、スミレ、アカシアの花など最初は分からなかったが、だんだん識別出来るようになってきた。
 我が輩もアウトドアは人並み以上にたしなんでいると思うが、大人と子どもの違いを見せ付けられた。

10051603

 シシウドに混じって本当のウドも生えていた。根本にナイフを入れてゲット。
 それ以外も、山菜と言うより雑草にしか見えないようなものもどんどん採っていく。
 木や草の葉、花を無造作にちぎって「食べてみ」。
 思わず「無理!」と言いそうになるが、口に入れてみる。意外にいけるもの、やっぱり不味いもの色々であるが、体で覚えるのが大事なようである。

10051604 3時間ほどかけて車のトランク一杯の山菜や雑草?を持ち帰る。

 この後のそうじが結構大変。簡単に処理の基本を教えてもらい、家でいろいろ料理して食べる。黙って来客に出したら山菜や雑草と気づかず「うまい」と言ってくれた。種明かしをしたら驚いていた。

 山菜の本も持っているが、数段レベルの高い体験であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009.11.09

定例更新527

(京都うらみちあんない)


コンテンツ追加:京都裏道案内 261 養源院  洛東-東山七条エリア

トピック

52.5cm

09110801  息抜きにバス釣り敢行。

 湖がターンオーバーで水質が悪い。シャローをひたすらスピナベを投げてようやくゲット。ルアーはメーカー不詳のスピナーベイト1/2OZ+トレーラーに5inchのグラブ。カラーはどちらもチャートリュース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.08.19

ハイブリッド車初運転

09081901 前回の山形に行った際にもレンタカーを借りたのだが、ハイブリッド車なのである。
 インサイトという車で、運転したが通常の車と操作は変わらない。ガソリン車と違うのは信号待ちや右折等で停止すると(正確には停止の少し前)エンジンが止まる。で、ブレーキから足を離した瞬間エンジンが掛かり、普通に走り出せる。
 加速や上り坂ではモーターがアシストし、アクセルを踏むとエンジン回転数はそんなに上がらないのにトルクが太くなってぐぐっと押し出されるような感じになる。
 運転のコツは回生ブレーキの活用だ。我が輩は普段からエコ運転するのでエンジンブレーキを多用するが、ハイブリッド車でエンジンブレーキは実は意味がない。軽くブレーキを踏むとモーターに充電しながら回生ブレーキが働く。これが次の加速の時の原動力になる。
 このコツが分かると燃費は急に延びた。インパネに燃費や動力が直感的に分かる仕掛けがしてあり、嫌でも燃費を意識する。
 ハイブリッド車だから運転がつまらないと言うことはなさそう。峠道もかなり走ったがコーナーリングもしっかり踏ん張るし、小回りも効いて運転しやすい。
 ちなみに高速道路は法定速度を超えて、あ、いやハイペースで飛ばすと一気に燃費は悪化する。2日間で392km走行し給油したガソリンは16リッター。満タン法での燃費はリッター24.5kmになるが、運転のコツが分かった後半はその1割以上はいい燃費になったように感じる。エアコンはほぼオートで稼働していた。
 さて、この燃費が良いのか悪いのか。今まで何十回とレンタカーを借りてきたが、ガソリン車ではフィットがリッター20〜21くらい、ヴィッツとブーンで19〜20くらい、マーチとデミオが17〜18くらい、スイフトが17くらいが実績である。
 結論は、フィットが総合的に見て最もエコカーかな。運転もそこそこ楽しいし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.07.05

定例更新509

(京都うらみちあんない)


コンテンツ追加:京都裏道案内 252 荒見神社  山城-城陽エリア

トピック

日食観察用グラス

09070501   7月22日は皆既日食が見られるらしい。日本では実に46年ぶりとのことで、当然我が輩も生まれて初めてである。

 ただ100%皆既日食が見られるのはトカラ列島の一部なのだが、京都でも8割強欠ける部分日食が見られるという。

 ということで日食グラスを購入した。厚紙製のインスタントなものだがまあ1日使えれば良いので。

 あ、降ったらどうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009.06.15

定例更新506

(京都うらみちあんない)


コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 250 花咲み  カフェ-洛南エリア

つかの間のバス釣り

09061401  久しぶりの釣り。

 京都のとある山間の湖でのんびり過ごす。大物は釣れなかったがまあまあ楽しめた、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

より以前の記事一覧