カテゴリー「経済・政治・国際」の1件の記事

2006.01.21

ライブドアショックについて

 ライブドアショックというものが日本中を襲った。

 ライブドアグループに強制捜査が入ったのをきっかけに日本中の株価が暴落 し、東証が一時処理しきれず取引停止になった。我輩が持っていた2つの株は気がつけばストップ安に巻き込まれていた。まあ金額が小さいのとある程度株価が戻ってきたので大事ではないが。

 それにしても今回の騒動、またまた違和感 をぬぐえない。1年半も前の出来事で何で今更という感じがするし、強制捜査は普通朝一番に行われるが、国民が注目しやすい夕方6時過ぎに行い、しかもNHKと日経はフライング 報道までするというおまけ付き(おかげで強制捜査前に報道陣が大量 に集結)。

 ライブドアショックといっても、確かにきっかけはそうだが、マネックス証券がライブドアグループの株式担保価値を一挙に0に落としたので株を担保に取引している投資家が投売りを始め、東証が取引件数が増えたら停止すると発表したため、様子見していた投資家までもが狼狽して投売りを始めてしまった。結局東証は前代未聞 の取引停止に陥った。

 それにしても取引が増えたら停止するとは証券取引所の存在価値 はないではないか。ライブドアグループの株価は4日連続で暴落し、1兆円以上あった株式時価総額は何と半減。このままいけは存続 すら危うい状況である。

 連日の報道を見ても、具体的に何が法律違反でそれが一体どれぼど重大なのかという情報は伝わってこない。少なくとも現状は推定無罪 のはずだが、ホリエモン錬金術の終焉などと、犯罪者扱いだし、提携各社も手のひらを返したように提携破棄しており、さながらライブドア叩き劇場 の様相を呈している。

 何らかの違反は見つかるだろうが、それはそれでルールに基づいてペナルティを科せば良いだけの話。時価総額1兆円の企業を潰すようなことだろうか。なにか旧守派の報復のようなキナ臭さ が漂ってくるのだが。

 最後に、おもしろいものを見つけたので、コーヒーブレイクにどうぞ(音入り注意!クリックは自己責任 で)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|