« 定例更新730 2013年秋の青森 | トップページ | 定例更新732 2013年秋 叡電1日乗車券周遊 »

2013.10.06

定例更新731 2013年秋の福井

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 363 恋志谷神社 山城-南山城エリア

トピック

2013年 秋の福井

 素晴らしい秋晴れの日、福井の海沿いを中心に回った。まずは敦賀の金ヶ崎城跡。南北朝時代や戦国時代等、何度も戦の舞台となった小山を散策した。

 幾つもの神社や石碑、展望台などを見て回りリフレッシュした気分になる。

13100601

 その後は快適なシーサイドドライブである。越前海岸の風景を愛でながら運転する。

 冬場の水仙が名物で、数年前にも来たがこのときは曇りで海は今ひとつだったが、この日は最高に綺麗だ。

 なお、昼ご飯に手頃な食堂を見つけて入ったのであったが、店内に生け簀があり実は本格的な海鮮料理の店であった。思わず昼から豪遊してしまったが、まあそれはそれ。それも旅の一部である。

13100602

 学生時代に東尋坊は行ったのだが、あまり覚えていなかった。なので再び訪れる。溶岩が冷えて割れた柱状節理の独特の景観は迫力があった。

 汗ばむほどの陽気であるが、せっかくなので岩場を一通り歩き回る。

13100603

 更に北上し、北潟という池(沼?)にたどり着く。

 周囲は護岸化されており、公園があったので散策した。風が気持ちよく、コスモスも綺麗に咲いていた。しばし木陰で佇んだ。

13100604

 芦原温泉郷を抜け、丸岡城に来た。

 12カ所しかない現存天守のなかで最古のものとされる。天守はロープ付きの急階段を登り、三階から眺めを楽しんだ。

 家康の家臣本多重次が妻に宛てたという、日本一短い手紙「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」のお仙は、城主本多成重を指すという。

|
|

« 定例更新730 2013年秋の青森 | トップページ | 定例更新732 2013年秋 叡電1日乗車券周遊 »

京都」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/58335088

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新731 2013年秋の福井:

« 定例更新730 2013年秋の青森 | トップページ | 定例更新732 2013年秋 叡電1日乗車券周遊 »