« 定例更新728 2013年秋の早池峰山 | トップページ | 定例更新730 2013年秋の青森 »

2013.09.22

定例更新729 2013年秋の白神山地と十二湖

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 362 八つ橋庵とししゅうやかた 洛西-西京極エリア

          ご意見番 219 台風18号と日吉ダム

トピック

2013年 秋の白神山地と十二湖

 

 今回は青森である。青森県は47都道府県を踏破した最後の県なのであるが、近年は3年連続で訪れている。一昨年6月に白神山地に行ってあちこちトレッキングしたのだが、暗門の滝が雪に阻まれて行けなかった。今回は暗門の滝を見たくて再び白神山地に来た。

 まずは白神山地ビジターセンターに来てみると暗門の滝は手前の滝までしか歩けず、奥の2つの滝は立ち入り禁止だという。これは中途半端だ。暗門の滝のトレッキング時間が短くなるなら十二湖も行ってみようとプランを組んだ。センターの映画と展示を一通り見学すると、暗門の滝の入り口の駐車場まで走り車を停める。

 朝から滝に行ったというおじさんと話す。何と暗門の滝は全部歩けるという。立ち入り禁止だが大丈夫だよって言われた。悪魔のささやきである。遠路はるばる来たわけだし、それなら十二湖はやめてじっくりとトレッキングしようと決めた。

13092201

 一昨年歩いたブナの森を同じように丁寧に踏破する。前回は6月で今回は9月。同じ森だが、栗のような大きな木の実が落ちていたり、やはり秋は初夏とは違う一面を見せてくれる。

 のんびり歩けばいいものを、癖だろうか、結構なハイペースで歩くものだから汗だくになる。

 滝に向けて、歩みを進める。何か動物の叫び声がする。猿だ!野生の猿、子供だろうか。じゃれ合って鳴いている。すかさずカメラに納める。

13092202

 景色が渓谷に変わり、崩落した歩道の横に作られた仮歩道を歩き、沢沿いを登る。

 滝に着いた。これが三の滝。飛沫が上がり、気持ちが良い。この奥地に二の滝、一の滝がある。さて、おじさんの言ったとおり立ち入り禁止のロープは張ってあるが、行けそうである。だが、禁止エリアに行って良いのだろうか。

 そのとき、我が輩の取った行動は、、、、、、

                                              次回に続く。

 なんてことで筆を(キーボードを)置くと、読者の血圧が25位上がって大変危険なので、やむなく紀行文を続ける。

 結論は、ここで引き返した。

 行ったら多分問題なく滝にたどり着き、達成感を得たであろう。だが、立ち入り禁止エリアを超えたところで、勇気もアドベンチャーもない。自慢にもならない。今度は一体いつ来られるか分からないが、必ず踏破したいと思った。

13092203

 二転三転、結局十二湖に行くことに決め、延々ダート道を走る。見通しが悪く、ブレーキが効かないので対向車に細心の注意を払って運転する。

 津軽峠で小休止。二年前に見た山の景色を眺めた。ようやく、十二湖に到着。

13092204

 沢山の湖が散在しており、6つほどの湖を選んで巡に散策する。

 一番の目玉は、青池。その名の通り水が青い。山間の小さな静かな池で神秘的だ。残念なのは、もう日が傾いて湖面に陽が差していなかった。それでも綺麗だ。魚もいる。

 青池はなぜかカップルのたまり場で、我が輩は一人邪念を払って池の写真を撮る。だが、記念撮影を沢山頼まれて、少し心が折れたような気がするが錯覚に違いない。

 その後は付近の観光施設を周り、夕方の日本海沿いをドライブして黒石温泉の宿に泊まり、疲れを癒した。

|
|

« 定例更新728 2013年秋の早池峰山 | トップページ | 定例更新730 2013年秋の青森 »

京都」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/58246490

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新729 2013年秋の白神山地と十二湖:

« 定例更新728 2013年秋の早池峰山 | トップページ | 定例更新730 2013年秋の青森 »