« 定例更新716 2013年初夏の平泉 | トップページ | 定例更新717 2013年初夏、三回目の玉川温泉 »

2013.06.25

2013年初夏の秋田

13062501

 久しぶりの秋田である。まずは岩手県側から八幡平へ登る。白樺林が切れると、灌木と雪の景色。
 雨だった天気予報も晴れ男パワーで青空に。テンション上げて、綺麗な沼を散策、、、と思いきや沼がない。
 散策道がまだ数メートルの雪で沼が分からない。雪玉を作って空に放り投げる。

13062502

 周囲は温泉の宝庫である。その一つ後生掛温泉の散策路を歩いてみる。
 蒸気を上げる紺屋地獄や泥火山、湯気を濛々と上げる泥湯沼などなかなかワイルド。
 車で山道を走るが路上駐車が多い。山菜採りの人たちであるが、カーブの先に車を止めたり、山菜採りに夢中で道路に飛び出したり半ば無法地帯と化している。

13062503

 明くる日は田沢湖へ。郷土資料館に訪れ湖畔を散策する。湖を周遊して、抱返り渓谷へ。
 秋の紅葉で有名であるが、初夏の新緑も瑞々しい。
 渓谷の名はあまりに急峻な地形で人がすれ違うときに抱きかかえるように返さないと通れないくらい道が狭いからとか。
 今は上流にダムが出来、散策路も整備されているが険しい地形はよく分かる。ブルーに輝く川と新緑が目に染みる。回顧の滝の先は橋が崩落していて通れなかった。

13062504

 その後南下し、横手市へ。後三年の役資料館を見学。先日行った平泉つながりである。
 横手城はとむらくんが迎えてくれた。戊辰戦争で秋田藩は官軍についたため仙台・庄内藩の攻撃で炎上した。天守閣があるがあれは史実にないものである。
 かまくら館で零下12度の中かまくらを見て、漫画美術館(矢口高雄の出身地)にも立ち寄り、帰路につく。
 なお、玉川温泉も三度目の来訪をしたが、これは後日改めて記したい。

 

 

|

« 定例更新716 2013年初夏の平泉 | トップページ | 定例更新717 2013年初夏、三回目の玉川温泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年初夏の秋田:

« 定例更新716 2013年初夏の平泉 | トップページ | 定例更新717 2013年初夏、三回目の玉川温泉 »