« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の4件の記事

2013.05.26

定例更新712 果実酒作り

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいの列伝 353 うどんミュージアム[博物館]  うどん-洛東エリア

果実酒作り

13052601

 今年はユスラウメの実りが早い。昨年よりもたくさん実りつつある。枝の剪定を控えめにしたので、その分数は多いがやや小粒な感じである。

13052602

 

毎年、ジャムは作るがそればかりも能がないので、果実酒にすることに。
 ホワイトリカーと氷砂糖を買ってきた。ユスラウメを適当に収穫して洗い、瓶に入れた。

13052603

 とりあえず漬け込んでみる。1ヶ月後に飲み頃になると言うが、果たしてうまくできるであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.05.19

定例更新711 わりと使えるコストコ

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 353 閑臥庵 洛北-鞍馬口エリア

トピック

わりと使えるコストコ

13051901

 今年二度目のコストコ。八幡市にあるのである。

 着いたのが昼過ぎで相当な混雑を覚悟したが思ったよりはましだった。まずは腹ごしらえにホットドッグを。ソーセージが大きくて一つでも結構おなかがふくれる。これでフリードリンクがついて180円は素晴らしいコストパフォーマンス!

13051902

 店内はディスカウントスーパーや業務用スーパーの巨大版といった感じ。アメリカの大型商品はよく目立つ。物置も日本人なら家族4人が暮らせそうなサイズ感だ。

 ただ、日本の商品も多い。なので結構使えるのである。値段は激安ではない。だが選んで買えばそれなりにお得感はある。

 楽しいのは食品ゾーン。試食が非常に充実しており皆楽しそうに並んで食べる。クロワッサンやピザ、サーモンなんかが毎度の購買パターンになりつつある。

13051903

 買い物カートの大きさが通常の3倍以上あるのでついつい買い込んでしまう。

 家に持ち帰ったピザはそのままでは巨大なので16等分して冷凍庫に入れる。オーブンに入れればいつでも熱々ピザが食べられる。一切れあたり80円強なので非常にお値打ち品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.05.12

定例更新710 初夏の庭先

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいの列伝 352 いけじゅう  洋食-丹波エリア

初夏の庭先

13051201

 日差しは夏のようにまぶしくなってきた。ネーブルオレンジの花も甘い香りを出して咲いている。

 昨年が豊作だった反動か、今年は花の数が少ないようだ。まあ、無理をしないで実をつけてもらいたい。

13051202

 アゲハチョウも香りにつられて飛んできた。

 都会でがんばって生きているので、少々なら葉っぱを幼虫に食べさせてあげるつもりである。農薬もまかないから安心しろ。

13051203

 気がつくと庭の外周部は雑草の花畑と化している。

 それなりにきれいだが、今のうちに抜いておかないと種を散らして来年はえらいことになる。しかし手入れしても追いつかない

13051204

 イタリアンパセリも2mほどの巨大な株に。

 君はパセリだろう!いつからセロリになったのだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013.05.06

定例更新709 風を切って飛ぶジップライン!

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 352 龍谷ミュージアム 洛中-七条堀川エリア

トピック

風を切って飛ぶジップライン!

13050501

 今年のGWのメインイベントはジップラインである。これはワイヤーに吊り下がって滑走するレジャーであるが、比良山系のビワコバレイにそのツアーがあると聞いて行ったのである。

 麓から一気に大型ロープウエイで上る。何でも日本最速のロープウェイということでたった5分で標高1,000m以上の山頂へ。まずは山科大丸のデパ地下で買い出した食べ物を展望台のテーブルに広げ腹ごしらえ。

 が、結構寒い。しかも晴れたり曇ったり小雨がぱらついたりする微妙な天気。我が輩は晴男だが、メンバーの一人が雨男なので天気も迷っているようだ。

13050502

 ジップラインアドベンチャーは、まずは器具の取り扱いを習い、簡単な練習を経てフィールドへ。

 20名くらいのグループで行動するが7割以上は女性である。そういや数年前のシャワークライミング、その数年前の保津川ラフティングも我々以外皆女性であった。全く日本男児よ、スマホを捨て野に出よ!と言いたくなる。

 谷間を飛び越えて滑走するのはなかなか爽快である。最後は琵琶湖を眼下に両手をフリーにして宙づりで滑走する。ちょっと怖いがなかなか良い体験であった。

 メンバーの一人は体重100kg超で参加できなかったので、写真や動画を撮ってもらった。

 ツアーが終了したとたんに雲が山を覆い、暴風雨に見舞われる。件の雨男には日頃の行いも大概にするよう注意して、山を降りたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »