« 定例更新701 HDDクラッシュその後 | トップページ | iMACパワーアップ »

2013.03.17

定例更新702 2013年春の若狭

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 348 フジヤマプリン  カレー・プリン-洛西エリア

2013年春の若狭

13031701

 久しぶりに若狭に出掛けた。周山街道(西の鯖街道)を北上し、名田庄へ。

 ここは日本を代表する陰陽師、安倍晴明の末裔が室町時代に移住してきた場所。道の駅のそばに、暦会館があるので入る。

 道の駅は賑わっているが、ここは誰も居ない。しかし見応えのある資料館である。日本の暦の歴史や天文の資料、時刻を測り(測時)、測った時刻をもとに時刻を出し(保時)、時刻を知らせる(時報)装置は興味深かった。

13031702

 近くの土御門家(安部家)の史跡を散策する。

 賀茂神社や薬師堂、墓所を訪ね、険しい山道を抜けて天壇へ。青龍(東)、朱雀(南)、白虎(西)、玄武(北)の四神に鳥居を配した独特の儀式の場である。誰も居ないパワースポット独り占め!である。

13031703

 小浜に向かい、若狭国分寺へ。

 国分寺は遺跡になっているところが多いが、ここは立派な寺(幾多の変遷の末、曹洞宗になっている)である。重文の薬師如来など仏像も間近で拝観させていただいた。

13031704

 続いて、若狭一宮へ。若狭は若狭彦神社と若狭姫神社で対で一宮になっており、両方お参りする。

 どちらも歴史を感じる落ち着いた神社だった。この日は3月にも関わらず汗ばむ陽気で良い天気であった。

|
|

« 定例更新701 HDDクラッシュその後 | トップページ | iMACパワーアップ »

京都」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/56978193

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新702 2013年春の若狭:

« 定例更新701 HDDクラッシュその後 | トップページ | iMACパワーアップ »