« 定例更新692 PCは薄物の時代? | トップページ | 定例更新694 西田幾多郎を偲ぶ »

2013.01.13

定例更新693 鷹狩りの技

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 344 丹波生活衣館 丹波-福知山エリア

トピック

鷹狩りの技

13011301

 二条城と言えば、世界遺産でもあるし京都観光のメジャースポットである。これまで近くに住んでいながら中に入ったことはなかった。

 だが、鷹狩りの放鷹術が披露されるということで行ってみた。二条城はなるほど、素晴らしい文化遺産であった。うらみちすととしても凄さは認めざるを得なかった。

 さて、10人の鷹匠と10羽の鷹が一同に会してデモンストレーションが始まった。

 まず印象的だったのは鷹の鳴き声。どう猛な印象のある猛禽類だが、声が高くて非常に可愛い。おもわず、鷹の鳴き声萌え〜である。

13011302_2

 鷹匠の師範がマイクで丁寧に様々な種類の鷹の紹介や、訓練方法を解説される。

 実際に飛ぶ姿は優雅で美しい

 本来猛禽類は神経質で縄張り意識が強いらしいが、同時に数羽の鷹を放って、乱舞が見られた。周囲の木や建物に停まったら、また鷹匠の元に戻っていく。

13011303

 会場から4人のギャラリーに簡単な鷹匠の体験をした。いや〜我が輩も体験したかったな。

 獲物を獲る訓練では、標的を追った鷹の直前でそれを10mくらい飛ばす。鷹は瞬時に急上昇して捕まえる。なかなかのバトルである。

13011304

 手持ちのカメラが、廉価なコンデジだったので俊敏な鷹を撮影するのは大変だった。

 獲物(疑似餌)が上空に投げられ、鷹が反転してそれを捕らえる。一瞬の早業だったが、運良く撮影することが出来た。

 1時間あまりの実演はなかなか見応えがあった。二条城では年に2、3度このような実演があるようである。機会があれば見ることをお勧めするのである。

|
|

« 定例更新692 PCは薄物の時代? | トップページ | 定例更新694 西田幾多郎を偲ぶ »

京都」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/56534464

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新693 鷹狩りの技:

« 定例更新692 PCは薄物の時代? | トップページ | 定例更新694 西田幾多郎を偲ぶ »