« 定例更新687 まだ見頃続く紅葉 | トップページ | 定例更新689 町屋での勉強会 »

2012.12.09

定例更新688 京都検定2級受験顛末記

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 341   和食-洛東エリア

京都検定2級受験顛末記

12120901

 本日は京都検定に初挑戦した。2級である。

 結局直前まで勉強できず、昨日はやむなく勉強会、交流会、忘年会をキャンセルして勉強時間に充てた。

 朝から分厚いテキストを読むがなかなか頭に入らない。だが、13年間うらみちすととして京都各地を歩いて飲食店も入れると1,000カ所以上回っている経験が活きた。

 時々見覚えのある箇所があるものである。やはり○○の庭とか茶室○○庵とか、○○阿弥陀如来といっても現物を見ていないとピンとこないものである。

 夕方に読み終え、その後深夜まで過去問題にチャレンジ。この段階では半分も分からずもうだめかとも思ったが、ツイッターのフォローワーさんからたくさんの応援メッセージが入ってきてジーンとなった。勇気をもらい、問題の解けなかったところを重点に復習した。

 翌朝、もう一つの過去問題集をやると七割近くは解けるようになってきた。まだ合格(70点以上)は微妙である。昼前、試験会場に行き最後の記憶に賭ける。

 試験開始までの係員の説明の長いこと!早くしてくれ〜。どんどん忘れていく〜。悲痛な思いを隠して焦る。ようやく試験開始。まずまずのペースで解いていく。昨年のデータでは合格率は29.9%だが、それよりは若干易しいようにも感じた。

 が、最後に百人一首関連の問題が10問あった。全く想定外で焦ったが問題文をよく読んで類推して、数問のロスで抑えることができた。

 で、終了。全く自信も無かったが、今回ツイッターで一緒に10人分集まって団体受験したメンバーとお茶をする。初対面同士であったが和やかで知的で皆素敵な人々であった。

 「京都検定で京都を楽しむ会」という同好会が結成され、会員証ももらったヽ(^0^)ノ。今回仲間がいたおかげで非常に励みになった。ツイッターの素晴らしさを改めて感じたのである。今後も楽しく切磋琢磨することを約して別れた。

 肝心の得点であるが自己採点では望外の85点。2、3点誤差が出ても大丈夫なはず。うらみちすとの称号はどうやら返上しなくて良さそうである。

|
|

« 定例更新687 まだ見頃続く紅葉 | トップページ | 定例更新689 町屋での勉強会 »

京都」カテゴリの記事

コメント

happy birthday うらみち♪birthday 
…0時まわっちゃったけどorz

京都検定おつかれさまでした。m(_ _)m
1日だけで合格ライン楽々クリアって、
お兄さんの勉強力ってすごかったんですね!Σ(゚д゚;) 
驚愕です。
ちょっと見る目が変わりました。
(今までどんな目で見ていたんだろう(笑))

投稿: coco | 2012.12.13 00:28

cocoさん、こんにちは。

ありがとうございます。

京都検定は本来一夜漬けでは無理です。うらみちすととして13年やれば大丈夫ですけどね(笑)

cocoさんも来年はチャレンジを。

投稿: お兄さん | 2012.12.13 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/56288665

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新688 京都検定2級受験顛末記:

« 定例更新687 まだ見頃続く紅葉 | トップページ | 定例更新689 町屋での勉強会 »