« 定例更新680 庭の模様替え | トップページ | 定例更新682 仏教説話と琵琶弾き語り »

2012.10.21

定例更新681 2012年秋の鳥取

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 338 宗像神社 洛中-京都御苑エリア

トピック

2012年 秋の鳥取

12102101

 十数年ぶりの山陰紀行。学生時代からのお気楽な友人らと行ったのである。当然、鳥取砂丘などという有名な所は目もくれず、鳥取市郊外の小さな城下町、鹿野に行く。

 観光を意識して街並みは綺麗に整備されている。でも人はいない。ただ、ネコに妙に懐かれたが。

12102102

 毎回旅行では、各メンバー希望枠がある。我が輩の希望枠は三朝温泉。ここの露天風呂に行きたかったのである。

 温泉街っぽい風景に何やら異変が。橋の前になにやら湯気が立っている。まさか。あれか?。。。

12102103

 橋から丸見えの豪快すぎる露天風呂が、そこにあった。

 入るのやめようか、と思ったが我が輩の希望で来た以上やめるわけにはいかない。

 ドキドキだったが、入ってしまうと案外平気なものであった(写真は公序良俗に配慮して加工してます。食事中の方すみません。。。)。

12102104

 夜は大山のふもとでキャンプ。我が輩は料理係なので鶏鍋を作った。が、事件が。家から持ってきた返し(醤油ベースの自家製調味料)の量が足りず、味が薄い。

 やむなく、他のキャンパーに醤油分けて下さいとお願いした。快諾した彼はなかなか持ってきてくれない。どうも彼は醤油を持ってないのに快諾したようだ。しばらくして、彼はこれしかなかったと言って中華スープの調味料を持ってきてくれた。

 でも結果として美味しい鶏鍋になった。人に親切に身も心も温まったのであった。

|

« 定例更新680 庭の模様替え | トップページ | 定例更新682 仏教説話と琵琶弾き語り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新681 2012年秋の鳥取:

« 定例更新680 庭の模様替え | トップページ | 定例更新682 仏教説話と琵琶弾き語り »