« 定例更新682 仏教説話と琵琶弾き語り | トップページ | 定例更新683 住宅と日本庭園 »

2012.10.31

2012年 秋の島根

12103101_2

 鳥取の次は島根である。美保関に行き、立派な美保神社を参拝。
 そして、青石畳通を散策する。雰囲気のある旅館では、丁度婚礼に出くわしてしばらく見学させてもらった。
 醤油屋さんが多く、醤油アイスを食べ、周辺の漁港の風景も楽しんだ。

12103102_2

 昔行った記憶をたどって、島根半島の東端、地蔵崎へ。散策路を歩き、美保関灯台を見る。

 小ぶりであるが山陰地方最古の灯台で登録有形文化財。

 駐車場でイカ焼きの露店がたくさん出てたが、通り雨が来たのでさっと退散した。その後米子へ戻り、水木しげるロードの雑踏を眺めて華麗にスルーして、寿司を食べる。

 寿司に関しては同じ名前の店を二軒回ったが(一軒目は信じられないくらいやる気のない店で、食べずに出た)全然違う接客やクオリティに一同驚く。なお、寿司自体は非常に美味しかった。

12103103

 うらみちすとなので、今度は長駆山間の地へ移動。月山富田城へ。麓から壮大な規模で、山頂の本丸、二の丸までちょっとした登山を敢行。

 こんな山中に壮大な城をよくも築いたと感心。毛利氏と尼子氏の激闘に思いを馳せる。

12103104

 廣瀬の街並みを散策。雨上がり、夕日が差す街並みは綺麗であった。

 帰りは米子自動車道を通ったが、事故渋滞に巻き込まれ大幅に遅れて帰る(まあ、運転は友人だったのだけどね)。

 山陰地方はマイナーではあるが、味わい深い見所が多いと思った。

 

|

« 定例更新682 仏教説話と琵琶弾き語り | トップページ | 定例更新683 住宅と日本庭園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 秋の島根:

« 定例更新682 仏教説話と琵琶弾き語り | トップページ | 定例更新683 住宅と日本庭園 »