« 定例更新675 | トップページ | 定例更新677 棟方志功の勉強会 »

2012.09.16

定例更新676 月輪寺復興への道 2

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 335 れんこんや  おばんざい-洛中エリア

月輪寺復興への道 2

12091601

 土砂崩れの被害を被った月輪寺。ふたたび、勝手ボランティアに行ってきた。

 

 三週間ぶりに訪れたが、ほぼ同じ状況。いや、災害復興ボランティアなんていいつつ、実態はこれ以上被害が広がらないよう境内や裏山を修繕するのが精一杯である。
 ロープに掛けてあるのは、汗だくになったお兄さんのシャツとタオルである。気にしないように。

12091602

 この日集まったボランティアは4人。再会したメンバーもいた。これまでの手当のケアをしつつ、作業を検討する。

 資材としての杭が慢性的に不足しており、町から人力で運ぶにはあまりにもつらいので、倒木や流木を集め、手作業で杭を作った。

 一本ずつ、のこぎりや鉈で手作業で進めるが、水分を含んだ生木なのでほんと切れない!

12091603

 一通り作業が進んだ頃、雲行きが怪しくなり撤収作業を進める。直後、車軸を流したような凄まじい豪雨。

 裏山から溢れた泥水があっという間に境内を覆う。一向に止まない雨にやきもきしたが、小降りになったタイミングを見て、下山した。

 今日の4人は名もない勇者であり戦士である。真のイケメンであり男惚れする人ばかりだ。素晴らしい縁を感じる。

 ボランティアなんて柄にもないことをしているが、不思議な縁で始めた以上頑張ってみようと思う。檀家も人手もお金もない寺であり、まさに存亡の危機を迎えている。何か力添えをいただけるとうれしいのである。

 

|
|

« 定例更新675 | トップページ | 定例更新677 棟方志功の勉強会 »

京都」カテゴリの記事

コメント

お兄さんご無沙汰しております。
尊いお心に感銘致しました。
他の3名さまにもよろしくね!
山形も連日30度をこす酷暑です。お元気でね

投稿: ゆきむすめ | 2012.09.16 09:08

ゆきむすめさん、ご無沙汰してます。

メッセージありがとうございます。

山形の芋煮が懐かしいです。

投稿: お兄さん | 2012.09.17 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/55669288

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新676 月輪寺復興への道 2:

« 定例更新675 | トップページ | 定例更新677 棟方志功の勉強会 »