« 2012年 初夏の岩手 | トップページ | 定例更新666 »

2012.07.06

2012年 初夏の津軽半島

12070601_2

 昨年に続き青森へやってきた。完全雨予報であったが、晴れ。
 まずは津軽半島を北上。地図に湿原が載っているので、寄ってみた。
 ベンセ湿原というらしいが誰もいない。かなり規模も大きく、散策用の木道もあるので、入ってみることに。
 黄色いニッコウキスゲがほぼ最盛期で、黒紫色のアヤメがチラホラ咲き出している。

12070602

 一人のカメラマンと出会ったので話をした。還暦を過ぎたおじいさんで、神奈川から来たという。日本中を回って野鳥を取っているという。
 機材が凄い。大砲のようなレンズ、これだけで百数十万円!折角なので覗かせてもらう。凄い映像だ。ここでじっと野鳥が飛来するのを待っているという。
 我が輩が京都から来たと言ったら驚いて「何でここを知っているのか!」と言われた。「うらみちすとだからです」と言いかけたが、理解してもらえないと思い、言葉を飲み込む。

12070603

 ここから北上し、竜飛岬を目指す。みるみる雲が多い、風が吹き雨が降り出した。まあ、竜飛岬は荒天が似合うのである。
 かなり険しい山道を縫って、到着。
 津軽海峡冬景色の碑があった。ボタンを押すと曲が流れる。
 霧で海は見えないが、怒濤のようなうなりが響く。

12070604

 国道が途中で途切れたっと思ったら、??。いきなり国道が階段に替わっている!意味が分からん!仕方なく車を置いて徒歩で通行。
 362段の階段を往復してしまった。車の通れない国道ってなんやねん!
(次回 2012年 初夏の八甲田山 へ続く)

|

« 2012年 初夏の岩手 | トップページ | 定例更新666 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 初夏の津軽半島:

« 2012年 初夏の岩手 | トップページ | 定例更新666 »