« 2012年 初夏の高野山 | トップページ | 定例更新664 »

2012.06.17

定例更新663

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 329 栄春寺 洛南-墨染エリア

トピック

相国寺での座禅と喫茶洗心

12061701

 本日は相国寺でインフォーマルなイベントに参加。修行僧が厳しい修行を行う道場に特別にお邪魔し、座禅を行う。

 座禅の合間に、相国寺で栽培した一番茶をいただく。これが本当に美味しい!

12061702

 日本臨済宗の開祖、栄西禅師が日本に初めて喫茶の習慣を紹介した故事にちなみ、栄西禅師の記した「喫茶養生記」を読み、解説を聞く。
 本来は女人禁制の場所だが、今回は30名の老若男女が集った。
 新緑の美しい庭も目に眩しい

12061703

 二度目の座禅を終え、心地よい開放感を感じる。座禅はまだよく分からないが、心の垢落としだと感じる。
 で、お楽しみの菓子。葛粉とわらび餅、川海苔を色合いに緑色の水まんじゅうをいただく。お薄もしっかりと味があり大満足。

12061704

 最後に、特別に相国寺の菜園や茶畑等、非公開部分を一通り見学させていただく。
 さらに老師から手書きの短冊までいただく。
 こういう体験が出来るのも、人とののすばらしさである。感謝感謝のひとときであった。

|
|

« 2012年 初夏の高野山 | トップページ | 定例更新664 »

京都」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『喫茶養生記』を読んだんですか?
一番茶っていわゆる初物のことですか?
初物なのにbrownの茶色のお茶なんですか?
製法が違う?

ちょっと色々お聞きしたいことがあるんですけど!(笑)

投稿: coco | 2012.06.24 23:17

cocoさん、こんにちは。

喫茶養生記は断片的に読んだので、全体は正直分かりません。お茶の飲み方というより、禅の精神で解釈してました。

一番茶は初物です。製法はどうも煎茶とウーロン茶の中間のようなものです。
不思議な旨みがあり、美味しかったです!

投稿: お兄さん | 2012.06.25 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/54991225

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新663:

« 2012年 初夏の高野山 | トップページ | 定例更新664 »