« 2012年冬の福岡 | トップページ | 定例更新647 »

2012.02.19

定例更新646

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 320 ホットチョップ  ハンバーガー-洛南エリア

レストラン コロナ閉店

12021901

 Twitterでもつぶやいたが、京都うまいもの列伝32 のコロナが閉店した。親切な方からメールを頂いたわけだがいつかは、と予想していたが非常にショックだ。

 玉子サンドやビフカツは逸品だったが、95歳まで現役でやり遂げたおじいちゃんが最高のエンターティナーだった。

 京都のかけがえのない名所を1つ失ったような寂しさである。

|
|

« 2012年冬の福岡 | トップページ | 定例更新647 »

京都」カテゴリの記事

コメント

お兄さん、こんにちは

初めまして^^

京都に住む、高兄(たかにい)と申します

久しぶりに、まんぼさんに行こうかと

記事など拝見していて

こちらにたどり着きました


まさか、コロナさんが閉店!!

いや、いつかは・・・こんな日が来ようかと

わかってはいたのですが・・・

ほんと、惜しまれる名店でした

あそこまで、現役をつらぬいてくださった大将に感謝ですね^^

もう、何回も食べる機会もないだろうと

4歳の娘を連れて

ここ、数年は頻繁に通いました^^


突然の、乱文コメント、お許しくださいね

投稿: 高兄 | 2012.02.28 12:57

高兄さん、初めまして。

コメントありがとうございます!
多くの方に愛された店だと今更ながら思います。コロナの大将は格好いいと思います。ああいう人生ってあこがれます。お金よりも記憶を残した人だと思うので(まだ、亡くなってませんが(笑))。

投稿: お兄さん | 2012.02.29 00:48

はじめまして。
京都に生まれ育って半世紀を越えるというのに、レストラン・コロナの名前を閉店してから知りました。

実は40数年前の小学生時代、祇園方面へ飲みに出た父のお土産が、和風柄の正方形の紙箱にきっちり詰め込まれた「玉子サンド」であったのです。
子供心に純和風の紙箱の中身が洋食の玉子サンドというミスマッチが不思議で、味も良くて(古きよき洋食店の味)、これはどこのお店なのかと。
詳しい情報を聞き漏らしたまま十三年前に父も他界し、あの奇妙な玉子サンドには出会えないまま。

ところが、今月になって、インターネットで、あの懐かしい玉子サンドの画像を見ました。こんなに有名なお店だったとは。酔客が腹を満たすのに格好の立地とメニューだったのでしょう。当時はお爺さんも元気で夜遅くまで営業されていたのかもしれません。

私は就職と仕事場所が大阪だったので、以後、京都の情報にはいたって疎く、閉店してから知る羽目になりました。

残念ですが仕方ありません。今度、父を偲んで焼き玉子サンドに挑戦してみようと思います。

投稿: トロ~ロ | 2012.03.29 19:20

トロ〜ロさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
思い出の玉子サンドの情景が浮かんできました。
私もそうですが多くの人に愛された店でした。。
ぜひ、お父さんを偲んで作って見て下さい。

投稿: お兄さん | 2012.03.31 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/54027759

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新646:

« 2012年冬の福岡 | トップページ | 定例更新647 »