« 定例更新641 | トップページ | 定例更新642 »

2012.01.16

禁断の「天一鍋」敢行の巻

あの天下一品のラーメン。たまーに、もの凄ーく食いたいと思うことがある。まさに今日それだった。で、夕食は天下一品鍋をやったのである。

12011602

 まずは近所の天一で持ち帰り3食(1食550円)を買った。スープ、調味料類、麺、チャーシュー、メンマ、ネギがあるが、これに追加の具材として、ソーセージ、白菜、もやし、シメジ、エノキを準備(適当である)。
 固体と化したスープを湯煎で暖め、調味だれと一緒に鍋に入れる。

12011603

 スープが熱くなったら具材を投入。あの匂いが部屋に充満する。
 かなり濃厚な鍋だが、食べるとなかなか野菜とマッチしている。特に白菜やもやしと相性が良いようだ。

12011604

 スープをつい飲みそうになるが、シメのラーメンに足りないといけないので我慢しよう。鍋奉行に監督してもらってもいいが、鍋奉行自身がこっそりスープを飲もうとする。
 この鍋をやる上で最大にして唯一のキモは強力な相互監視体制を構築することである。

12011605

 具材を大体食べてきたら、別鍋で麺を茹で、鍋に投入。
 スープの消費を抑えたおかげで、3玉分の麺がスープに浸かる。

12011606

 スープが沸騰したらネギを投入。ネギをスープに馴染ませると美味いのだ。
 おお、これぞ天一のラーメン。最後は御飯を投入して雑炊まで考えたが、この時点で満腹になった。4人分で材料費は2千円。コストパフォーマンスも良い。
 いやはや、食とはかくも自由なり。天一も、鍋料理を出したらどうだろう。宴会需要も取り込めるのでは無かろうか。それと、天一の持ち帰りメニューで、麺もチャーシューも要らないので、スープだけ安価に売ってくれないだろうか。

|

« 定例更新641 | トップページ | 定例更新642 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禁断の「天一鍋」敢行の巻:

« 定例更新641 | トップページ | 定例更新642 »