« 定例更新626 | トップページ | 定例更新627 »

2011.10.07

2011年秋の岐阜

11100701_2

 秋晴れの中、名神高速・東海北陸道を経て美濃に行く。ここはうだつの街並みである。

 うだつの街並みは各地にあるが、ここも美しい街並みだ。古い酒屋を訪ね、土産物屋を覗き、ちょっとリッチな蕎麦を食した。

11100702_2

 さらに北上し、郡上八幡へ。ここは大変な人出だ。あまり人が多いのは興ざめするので、うらみちすとらしく人の少ない穴場を探す。

 以前ここを訪れた友人が同行していたので、まずまずよさげな所を効率的に回る。

 夕方は平湯キャンプ場に到着。連休というのにほとんど利用者はいなかった。確かに寒く、近くの平湯温泉の外湯に入ったが、すぐに湯冷めしてしまう。多少覚悟したが、少し震えながら夜を過ごす。

11100703_3

 翌朝は、早めに白川郷に到着。早朝は静かで世界遺産だけあって一昔にタイムスリップした気分になる。
 これでようやく、福島の大石宿、京都の美山北と合わせ、3大茅葺き集落を制覇。
 ここの茅葺きは合掌造りで、とにかく屋根が鋭角で大きい。冬の豪雪に耐えるためだろうか。
 集落のほぼ全ての家は、民宿、土産物屋、飲食店になっており、観光客向けに商売をしている。世界遺産の経済効果は凄い。

11100704

 周囲を山で囲われ、その上を雲が覆いどんよりしていたがやがて日が差してきた。周囲の景色は一変し、無彩色から彩色豊かな景色に変貌したのはドラマチックである。
 と同時に、大量の観光客が流れ込んできた。当地最大の建物という、明善寺という寺の庫裏を見学する。

11100705

 一通り集落を回りきり、展望台に行き、茅葺き集落の全景を眺める。
 ここからは、富山の五箇山集落を目指す。
 次回、「2011年秋の北陸」に続く。

|

« 定例更新626 | トップページ | 定例更新627 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年秋の岐阜:

« 定例更新626 | トップページ | 定例更新627 »