« 定例更新616 | トップページ | 定例更新617 »

2011.07.27

2011年夏の尾瀬 その1

11072701 初めての尾瀬である。なかなか遠方で行けないので、今回は燧ヶ岳(ひうちがたけ)登山と尾瀬沼一周をセットで考える。本来なら2日の行程だが、時間が無く日帰りで行くことに。昔(実に25年前!)ワンゲルで慣らした足なら行けるだろうと考えた。

 近くの民宿に前泊し、3時に起床、4時過ぎに尾瀬御池登山口に着く。身支度を調え、4時半登山開始。

 大岩がごろつく急斜面。早めのペースで登る。1時間弱で視界が明け、広沢田代という湿原に出る。白いワタスゲがきれいである。ちょうど日が昇ってきて何ともいえない。

11072702

 再び樹林に入り、急斜面を必死で登る。汗だくになり40分ほど経つともう足が前に出ないくらいふらふらになった刹那、一気に視界が明け、熊沢田代の景色が眼下に飛び込んできた。

 この景色を見たら生き返るでしょ、という景色は感動。ここは標高2,000mに広がる高層湿原。蒼く輝く池が素晴らしい。出会った人と雑談をしながら、腰を下ろして少し休憩する。水分を補給し、栄養ブロックをかじる。

11072703

 湿原に別れを告げると、今度は雪原。急斜面なので滑る!それでも登りは良いが、下りはそれなりの装備がないと滑落するのではなかろうか。

 青い空と白い雪のコントラストがただただ感動である。

11072704

 燧ヶ岳の五峰の一つ、俎嵓(まないたぐら)に到着。山頂は風も強く、雲が行き交う。汗だくだった体が一気にクールダウンする。

 出会った人としばし談笑し、互いに記念写真を取り合う。

 雲越しだが、眼下に尾瀬沼が見える。

11072705

 最高点の柴安嵓(しばやすぐら)を目ざし、一旦下り、再び大岩のエリアを登る。

 で、到着。ここでも出会った人と記念撮影を行う。出会った人は皆関東地方の人ばかりだった。ちなみにここは東北地方最高点である。

11072706

 ここからは360度のパノラマが広がる。この景色を見たらこれまでの苦労も吹っ飛ぶ気分だ。中央に広大な尾瀬沼、周囲にはたくさんの山。目線より下に幾つもの雲。

 しばらく休憩し、身支度を調え、ここから尾瀬沼に一気に下る。岩が露出した涸れ沢を下るが、膝ががくがくになる。かくしてふらふらの状態で、尾瀬沼のほとりに出た。(次回に続く)

|

« 定例更新616 | トップページ | 定例更新617 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

えっ、尾瀬って東北だったんですか?(°°;
ずっと群馬だと思っていた…

昔、水上の一ノ倉沢に行ったときに雪が残っていて
こんな雪原だったのを思い出す~(^^)

投稿: coco | 2011.07.30 23:36

cocoさん、こんばんは。尾瀬は群馬と福島、それに若干ですが新潟にも掛かってます。
関東地方から訪れるなら、群馬側からの方がアクセスはいいでしょうね。

そろそろ山ガールデビューどうでしょう!?

投稿: お兄さん | 2011.07.31 20:30

凄い!!お兄さん!!
掛け替えの無い素晴らしい体験でしたね。
一生の宝物です。

投稿: ゆきむすめ | 2011.08.01 14:46

ゆきむすめさん、こんばんは。
とても良い体験でした。まあ、25年のブランクは大きかったです。昔の自分なら大した登山ではなかったはずですが、かなりへばりました。。。。

投稿: お兄さん | 2011.08.01 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年夏の尾瀬 その1:

» IKEA家具のことならおまかせください [Witch House]
IKEA(イケア)正規取扱店 Witch House です。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011.07.28 08:29

« 定例更新616 | トップページ | 定例更新617 »