« 定例更新585 | トップページ | 定例更新586 »

2010.12.23

木乃婦の京料理

10122301

 珍しく京料理を食す。場所は、料亭の木乃婦(きのぶ)。
 風変わりな「フカヒレとごま豆腐」も良かったが、印象に残ったのは、写真の「雲丹と鮑」。
 もともと雲丹は好きでなく、わざわざ食べようと思わないが、これは非常にいける。漆の大きな箱に氷を敷き詰め、木箱に入れた見せ方も面白い。
 念のために言うが、接待なんかではない。自費である。

|
|

« 定例更新585 | トップページ | 定例更新586 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

コメント

w(°0°)w オォー
自腹ですか!!
それは奮発しましたね!!
うに好きなので
これはもう箱ごとかぶりつきたいですね!!

投稿: ayaji | 2010.12.25 21:31

ayajiさん、こんにちは。

美味しかったですよ。機会があればお試し下さい。
でも、ウニ好きなら普通にウニ丼とかの方が良いかもしれませんが。

投稿: お兄さん | 2010.12.26 10:49

お兄さんおはようございます。
当地は一面の銀世界。
年末まで予報は雪だるまのオンパレード!

木乃婦いらっしゃたんですか!
一度探訪したいお店のひとつです。
お高いんですよね。
NHKに今日の料理に若主人が
お出になるが男前ですよね。
勿論お兄さんも男前の範疇に入りますよ。

良いお年をお迎え下さい

投稿: ゆき | 2010.12.27 08:57

ゆき(むすめ)さん、こんばんは。

>勿論お兄さんも男前の範疇に入りますよ

またまた〜、おだてても何も出ませんよ(笑)

値段はいろいろなコースがあるので、以外に安いですよ。ぜひ、お試し下さい。

投稿: お兄さん | 2010.12.27 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/50376760

この記事へのトラックバック一覧です: 木乃婦の京料理:

« 定例更新585 | トップページ | 定例更新586 »