« 定例更新566 | トップページ | 定例更新567 »

2010.08.10

2010年夏の信州 その3

 10081001信州と言えば、そばである。うまいそばを食おうと思うが、メンバーの一人にそばが食べられないのがいるので、うどんか丼物も提供するそば屋を探す。これが大変。店に入るなり「ご飯が無くなって丼物はできません」だの「うどんはあるが、そばと同じ釜で茹でている」とかが連発して2時間くらい長野県をさまよう。やっと目当てのそば屋に着いたのは善光寺の近くの店。せっかくなので善光寺にも参る。

10081002

 夜は松本郊外の温泉旅館に泊まる。せっかくなので夜の松本を散策。

 松本城がライトアップしてなかなか雰囲気があった。

10081003_2

 早くも最終日を迎え、朝一番は旧開智学校へ。

 美しい擬洋風建築で重要文化財

10081004

 続いて安曇野市の大王わさび農場。大規模な農場で観光地化されており、大勢の人で賑わっていた。

 夏場は黒い紗で覆っており、玉露の茶畑のよう。水を足に浸ける場所があったがとても冷たい。

 土産にわさびを3本買って帰る。これで自分で蕎麦を打ってわさびをおろしたらさぞうまかろう。

|

« 定例更新566 | トップページ | 定例更新567 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年夏の信州 その3:

« 定例更新566 | トップページ | 定例更新567 »