« 定例更新534 | トップページ | 定例更新535 »

2009.12.30

2009年初冬の中国(蘇州)

09123001_2 上海から日帰りの蘇州観光に出かける。バスで高速道路をひたすら走る。高速道路周囲は田園地帯だ。
 蘇州に入り、まずは虎丘(こきゅう、フーチウ)という呉王の父の墓の跡。見所はこの傾いた塔。
 雲巌寺塔といわれ、宋代(961年)のものだが、イタリアのピサの斜塔よりも200年以上も古いという。
09123002_2  続いて寒山寺。鐘楼は日本人が寄贈したというだけあって日本人に馴染みのある寺。観光客も日本人が多い。
 中国の寺院建築は屋根が反り返っているのがおもしろい。
09123003  蘇州はたくさんの庭園があり、世界遺産にもなっている。蘇州最大の庭園、拙政園に行く。池を中心としたかなり広い庭園だ。
 木々の切れ目から、借景に塔が見える辺り素晴らしい。
09123004  蘇州はそこら中に水路がある。夏場ならもっと彩色豊かな景色になるのだろうと思う。
 観光中、刺繍の工房や、シルクの布団工場の見学があり、半強制的な買い物タイムには閉口したが、なるほど歴史の深さがよく分かる。
 初めての中国だったが、確かに高度成長の渦中にあり、熱気を帯びた国であることが分かる。
 日本とはマナーや商道徳など全く違うが、知っておくことは重要だろう。

|

« 定例更新534 | トップページ | 定例更新535 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年初冬の中国(蘇州):

« 定例更新534 | トップページ | 定例更新535 »