« 定例更新501 | トップページ | 定例更新502 »

2009.05.13

2009年5月の丹後半島

09051301_2  京都府北部の丹後半島を回る。日本三景の天橋立。北からの「斜め一文字」南からの「飛龍観」は有名だが、これは西からの「一文字観(大内峠)」。
 小雨交じりなのでややくすんでいる。ちなみに、更にマイナーな東からの「雪舟観」もあるらしい。
09051302_2  続いて久美浜(京丹後市、旧久美浜町)に行く。かつてこの地域には久美浜県が存在した。丹後・丹波・但馬・播磨・美作の五カ国を擁する大県である。慶応4年から明治4年までの県だがその県庁がここに置かれ、今も県庁一部(移築・復元)、豪商や古い寺社、石橋の架かる川など古い町並みが残る。
09051303_2  網野(京丹後市、旧網野町)の板壁の町並みを眺めた後、宿を取る。あまり知られてないが丹後は温泉が多い。市内にも40程の源泉があるが、その中の夕日ヶ浦温泉へいく。お目当ての宿で露天風呂に浸かりながら夕日を見る予定だったが、雨上がりのため夕日は見えず。
09051304_2  夕食は丹後の山野草を見事な料理にして出してくれる。豪華ではないが(写真のカニはちょっぴり豪華だが)現代では究極の贅沢であろう。旅行会社と提携してないしネット予約もないが、知る人ぞ知る旅館である。
 各地から著名な料理人がお忍びで来るらしい。

|

« 定例更新501 | トップページ | 定例更新502 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年5月の丹後半島:

« 定例更新501 | トップページ | 定例更新502 »