« 2009年3月のUSJ | トップページ | 定例更新495 »

2009.03.22

定例更新494

(京都うらみちあんない)


コンテンツ追加:京都うまいもの列伝 244 ごんべ  お好み焼き-山城エリア

祖母の死去

 祖父に続いて祖母も86歳で永眠。定めとはいえ寂しい。

 私が二歳の夏に川に流されたとき、必死で探してくれたのが祖母だった。いろいろと思い出はあるが、女学校時代は遠足の帰りに一人タクシーを呼んで帰って郷土(醍醐)の語りぐさになったり(太平洋戦争前の時代なのに)、東京で金儲けして一旗揚げようと家を飛び出したりなど、昔の逸話が聞けて、やっぱりイケイケのおばあちゃんだったのであった。

 祖父と祖母は仲が良かったので、これであちらで会えて良かったのではなかろうか。

|
|

« 2009年3月のUSJ | トップページ | 定例更新495 »

京都」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お兄さんのおばあちゃんは豪傑でらしたんですね。
喪失感も大きいのではと心情をお察しいたします。
二歳の折に川に流されたとは驚きです。
強運の持ち主ですね。

宇治の「ごんべ」来月是非訪れたい!
孫と次女を伴っての京都行きなので楽しみです。
とても見やすく更新なさいましたね。

余計な話ですが「錦」へ行くのは「麩嘉」の
麩饅頭の為だけです。
本店が遠いので行く度に立ち寄ります。


今年は桜の開花が早いですね。
三日から一週間の滞在で
神苑の紅枝垂れが見られれば幸運。
例年なら十日過ぎですよね。
三歳と五ヶ月児の二人の孫を伴っては
一点豪華主義が懸命との判断。
大阪の海遊館、太秦の撮影所は外せません。
ヒーローにはまってる孫の為に。

幼児連れでも憚りのない美味しい鰻屋を
ご存知ならご紹介ください。

投稿: ゆきむすめ | 2009.03.23 08:04

追伸
いくら早い開花といっても
滞在中に原谷の枝垂れ桜は無理でしょうね。

夢のような桜の苑を
次女にもみせたいとの親心。

初回は行きずりの女性二人連れと仁和寺まで
歩きました。十年も前で今よりは健脚でした。

投稿: ゆきむすめ | 2009.03.23 15:42

ゆきむすめさん、こんばんは。

来月の旅行、素晴らしいものになると良いですね。

子供連れで気兼ねなく入れる鰻屋さんなら、嵐山の廣川、河原町のかねよ(掲載あります)でしょうか。

原谷苑はその時期は早咲きの品種は満開でしょうが、やはり紅しだれ桜を見ないことには、価値は半減してしまうのでは、と思います。

投稿: お兄さん | 2009.03.24 22:32

お兄さん
ありがとうございます。
廣川よさそうですね。個室も予約可なので。

今日は彼岸過ぎというのに真冬日
雪降りです。
午後から降りはじめた雪がもう積もってます。
桜の花ならぬ雪の華。
北国の春は未だ遠し!。

投稿: ゆきむすめ | 2009.03.25 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/44434633

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新494:

« 2009年3月のUSJ | トップページ | 定例更新495 »