« 2008年8月の舞鶴 その1 | トップページ | 定例更新465 »

2008.08.29

2008年8月の舞鶴 その2

08082901 舞鶴観光の2日目は、メンバー各自の信仰心の薄い日常への反省(?)から、まずはありがたいお寺を巡ることに。
 まずは松尾寺(まつのおでら)。西国三十三カ所の29番札所で、次に金剛院。こちらは花の寺として花や紅葉が美しい。
 共に平安時代の創建で重要文化財も多く、風格のある諸堂や塔を見て回る。朝なので人もまばらでじっくり散策できた。
 写真は金剛院の三重の塔(重要文化財)。
08082902  寺巡りの次は、廃線跡の北吸トンネル。かつての国鉄舞鶴線は今よりも複雑で、海軍の軍港などの諸施設を結ぶ引き込み線が通っていた。廃線となったこのトンネルは今は自転車・歩行者専用トンネルになっている。廃線跡はかなり残っており、自転車道、歩道として活用されている。
 まあ、特に廃線マニアではないがこういう遺構を見るのはなぜかみんな大好き(日本語で、変態とも言う)。
 せっかくの夏の日本海、海水浴を楽しもうと言うことで、海を目指す。実は我が輩が3才くらいの時人生初めて海水浴をした場所がある。それが今回訪れた丹後神崎で、昔と同じ景色が広がっていた。
08082903  由良川の河口近くにあるので昔はたくさんのカニが採れた。これを持って帰って実家の裏の川に放したことがある。当時学校で「西高瀬川にカニがいる!)と騒ぎになったが、はい、犯人は私です。
 由良川河口に掛かる由良川橋梁は鉄道写真の名所。旧国鉄宮津線だが今は北近畿丹後鉄道の宮津線である。特急を含むと毎時2本程度運行しているので短時間に2度汽車を見ることが出来た。
 由良川橋梁は余計な架線柱や架線がないため、すっきりしたデザインでなかなか画になる。
08082904  おじさん、あ、いやお兄さん達だけの海水浴は切り上げて、五老岳へ行く。東西舞鶴を分断する山だが、ここの山頂からの眺めは格別。
 近畿百景の1位に選ばれただけあって、なかなか美しい。東西のリアス式の舞鶴湾が一望できる。
 眺望を楽しんだ後は、町へ降りてちょっと寂れた大きな商店街巡りをして、最後に舞鶴城(田辺城)の城跡の公園を見る。
 なかなか見所の多い街だった。

|
|

« 2008年8月の舞鶴 その1 | トップページ | 定例更新465 »

京都」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

へぇ~、そうですかぁ。
お兄さんのお仲間はみんな、変態のおじさん達…じゃなくて、遺構好きのお兄さん達なんですね~。(笑)

厭離庵ってまだこちらでご紹介されていなかったんですね。
昔、嵯峨嵐山紅葉攻略プランをご紹介いただいたときに、その中に入っていたような気がしていました。
今年も11月末はすでに京都の宿は埋まっていますよ~。(^^;
紅葉最盛期に行くのはムリかな…

投稿: coco | 2008.09.02 00:04

cocoさん、こんばんは。

遊び仲間の某グループは遺跡や変なモノ、マイナーなものに反応します。皆で旅行に行っても人混みの多い著名スポットに行くとテンションが下がるようです。メンバーそれぞれ琴線に響くジャンルが分かれているので大変です。
こんなメンバーに興味を持ったcocoさんは、、、

厭離庵はそういえばブログで紹介しましたね。

>紅葉最盛期に行くのはムリかな…
ふつーの人は難しいですが、cocoさんは万難を排してやってくるものと期待してます。

投稿: お兄さん | 2008.09.02 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/42320173

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年8月の舞鶴 その2:

« 2008年8月の舞鶴 その1 | トップページ | 定例更新465 »