« 定例更新436 | トップページ | 定例更新437 »

2008.02.15

2008年2月の徳島

08021501 白銀の岩手の翌日は徳島だった。朝からの仕事だったので前日の夜に徳島入りをしないといけないのだが、夜遅く帰宅したためやむなく早朝から自家用車での出張となった。
 その代わり帰りにプチ観光ができた。徳島は暖かい。一夜にして2ヶ月くらい季節が進んだようだ。写真は市内にそびえる眉山山頂からの眺め。吉野川のゆったりとした流れが広がり、淡路島が見える。遙か遠くには本州、和歌山がうっすらと見える。
08021502  鳴門市の大麻比古神社に行く。阿波の国一宮であるとともに、阿波・淡路両国の総産土神である立派な社だ。樹齢千余年の大きな楠の神木がある。境内周囲は鬱蒼とした森になっており、「まむしに注意」という看板もあった。はちらほらと咲いていた。
08021503  境内にはドイツ橋という石橋があった。第一次大戦で日本の捕虜になったドイツ兵士がこの地に収容された。やがて地元の人たちとの交流が始まり、この橋はドイツ兵士が記念に造ったものだという。
 このドイツ人との交流は今年公開される邦画「バルトの楽園」に表現されている。映画にちなんだ観光施設が沢山出来ていた。
08021504  阿波はお遍路の出発の地。写真は第一番霊山寺
 どこかの御室八十八カ所と違い、立派なお寺だ(当たり前である)。
 ゆくゆくは自分も遍路して何かを悟りたい。

|

« 定例更新436 | トップページ | 定例更新437 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お兄さんお早うございます。
広範囲の移動お疲れ様でしたね。
確かに一夜にして二ヶ月飛びましたね。
これが逆なら二ヶ月のタイムスリップ?
北国は梅も桜もダブル場合がありますから。

四国に憧れます。
連日の雪空が恨めしい( ;∀;)

投稿: ゆきむすめ | 2008.02.18 08:52

ゆきむすめさん、こんばんは。

旅ガラスのような部分はありますが、出張は好きです。いろいろな地域を訪れるのは楽しいです。

北国は雪が大変ですが、それだけに良い米が出来ると思います。

投稿: お兄さん | 2008.02.18 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年2月の徳島:

« 定例更新436 | トップページ | 定例更新437 »