« 定例更新437 | トップページ | 定例更新438 »

2008.02.19

2008年2月の鹿児島

08021901 鹿児島である。予想通り梅が咲いている。今回は(今回?)マイナーどころを回ったのである。いちき串木野にある冠岳。秦の始皇帝の命を受けて来日した徐福という人が、周囲の景色の美しさに冠を脱いで山頂に捧げたという。
 写真が徐福の像。大きさは日本一だそうで、どうでもよいことだが周囲の看板やのぼりに日本一とさんざんうたってあるので、皆さんに伝えておこう。
 突然ですがここで問題です。
【問】以下の文章のカッコ内の空欄を埋めよ。(制限時間2分 配点:10)

 徐福の像の背後の山(冠岳)の形がなかなかユニークで頂上に登れば景色がいいだろうと思った。1時間後、気がつくと汗だくで冠岳の山頂にいた。我ながら(  )である。

08021902_2  山頂に登った証拠として右の写真。山頂近くにある天狗岩
 自然の岩が五段に積み重なっている。推定60トンもの重量があるらしく、こんな足場の悪いところに岩を積み上げたのは、天狗に違いないということらしい。
 確かに自然の妙とは言え不思議である。
 山頂にはがあり、一応お参りを済ませる。ただ、周囲に木々が茂っており、景色はあまり見渡せなかった。
08021903  あまりに人がいないのでおかしいと思い、細い山道を行くと開けた地に出る。冠嶽園という整備された公園・庭園があった。どうも観光客はここから冠岳を眺めるらしく、我が輩はうらみちから出てきた格好になった。
 冠嶽園は中国風の庭園で徐福にちなんだもの。
08021904  冠岳周辺の観光に前後して、南さつまの亀ヶ丘、万世特攻平和記念館、吹上浜など観光と言うには余りにも渋すぎる場所を回る。
 写真は空港に帰る間際に、蒲生町の大楠を撮ったもの。楠としては日本で最大の大きさがあり、天然記念物。
 近くの物産館に寄り、蕎麦粉を探していたら、生産者らしき人が「私が挽いた蕎麦粉です」と言うので試してみることに。別の箱から出して「こちらが挽きたてです」と親切に言ってくれたので二袋購入したのである。

|

« 定例更新437 | トップページ | 定例更新438 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

答え「脱帽」?
蕎麦道を極めようとする一途な思いが
伝わってきます。
ご家族友人一同をギャフント言わせて下さいませ。

投稿: ゆきむすめ | 2008.02.21 13:33

ゆきむすめさん、こんにちは。

おお、脱帽とは美しい言葉ですね!
いや、まあもっと俗な感想だったんです。。。。
でもありがとうございます。僭越ながら7点とさせて頂きます。

蕎麦打ちはイメージトレーニング中です。返しもじっくり寝かしています。

投稿: お兄さん | 2008.02.23 18:11

お兄さんおはようございます。
難問でした?
「冠を脱ぐ」に掛けて脱帽としたのですが
深読みだったかも知れませんね。
お点を頂けて光栄」です。

当地はどか雪です。
県境の高速道路も通行止め。
昨日は東北新幹線も乱れました。

投稿: ゆきむすめ | 2008.02.24 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年2月の鹿児島:

« 定例更新437 | トップページ | 定例更新438 »