« 定例更新435 | トップページ | 定例更新436 »

2008.02.09

2008年2月の岩手

08020901 冬の岩手出張である。90分のフライトから目覚めると一面銀世界(我が輩にとって飛行機は最も快適に眠れる移動手段なのである)。
 写真は岩手花巻空港で搭乗機を撮ったもの。
 住んでいる人には申し訳ないが、たまに訪れる我が輩にとって雪景色は好きな景色の一つである。
08020902  桜で有名な北上市の展勝地に立ち寄る。桜百選に選ばれているだけあって、立派な桜並木が続く。満開になったらさぞきれいだろう。
 の展勝地は誰もいないが、これはこれで美しい景色だと思う。
08020903  冷麺は夏の食べ物だが、岩手では真冬でも普通に食される。郷には入れば郷に従えということで、注文する。スープが白いが、この店の流儀は唐辛子を自分の好みで入れるように別の容器に入っている(通称、別辛というらしい)。
 コシのある冷麺は美味しかった。張り切って注文した横の鳥丼も合わせると明らかに食べすぎである。が、生ゴミにするのは忍びないので責任を持って完食。
08020904  盛岡市郊外の御所ダムにある大きな湖(御所湖)が全域凍っているのには驚いた。広大な雪原に見えるが、凍っているのである。
 いや、湖全周回り、湖畔に降りてまで確認したので事実である(だれも疑ってへんがなー)。
 この日は盛岡市中心部で昼食を食べたが、食後、電光掲示板に気温がマイナス2度とあった。祭りの準備だろうか、氷の彫像も作られていたがなるほど、これだけ寒ければ溶ける心配はないのである。
 昨夜泊まった鶯宿(おうしゅく)温泉は氷点下17度まで下がった。安物のジャケットにはちと寒すぎた。

|

« 定例更新435 | トップページ | 定例更新436 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント


おやおやお兄さん
みちのくにいらしてたんですね。
ホッカイロ」を調達」すれば
寒さを凌げたのに。
北国ではホッカイロは』必需品」です。
外食の折、意外と寒い席に通されたり、
映画鑑賞の折等も強力な助っ人になります。
コンビにでも手軽に調達可能。

鶯宿温泉はゆきむすめも以前一泊。
結構な山間地ですものね。
それはともかく岩手県は東北一冷える
地域なのです。

北上天勝地は未だ行ってないので
桜の節に今年こそ行ってみたいものです。

投稿: ゆきむすめ | 2008.02.09 10:32

ゆきむすめさん、こんばんは。

携帯カイロは家にあってもめんどくさがって持って行かないことが多いです。冬の北国は甘くはないですよね。以後持ち歩くようにします。

投稿: お兄さん | 2008.02.09 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年2月の岩手:

« 定例更新435 | トップページ | 定例更新436 »