« 自助の精神 | トップページ | 定例更新434 »

2008.01.20

定例更新433

(京都うらみちあんない)

コンテンツ追加:京都裏道案内 214 宇治市源氏物語ミュージアム 山城エリア

トピック

現実逃避モード
昔から、夏は冬の方がいいと思い、冬はやっぱり夏の方がいいと思い、進歩していないなーと思う今日この頃。

|
|

« 自助の精神 | トップページ | 定例更新434 »

京都」カテゴリの記事

コメント

万人共通の煩悩ともいえますね。
放浪の画家「山下清」の日記に
「夏になれば冬の方がいいなあと思うし冬に
なれ夏の方がいいと思う」の趣旨がたどたどしく
綴られており微笑ましくも同感の至りです。

しかしこの煩悩をもたらす気候風土が
京都の自然美に寄与してることも否めませんね。


ゆきむすめの棲息地においては尚更です。
お兄さんが足跡を残された赤芝渓や高畠も
同じ県内であり  お兄さんのお目の高さに
感動です。春秋に訪れてくださいませ。
否春秋といわずこの真冬の幻想的な
光景もぜひ~

投稿: ゆきむすめ | 2008.01.29 11:03

ゆきむすめさんは山形県にお住まいですか。

山形はマイナーな所は行ってますが、山寺や蔵王はまだです。樹氷はみたいと思ってるのですが。
でも1年以内に行くことになると思います。

板そばは好きですよ。

投稿: お兄さん | 2008.01.29 22:38

是非是非樹氷の蔵王に
お越しくださいませ。
お兄さんはスキー?なされますか?
天候に恵まれた日の樹氷原を
巡るスキーは至福の思いです。
出羽富士の誉れ高い鳥海山をはじめ
月山、朝日連邦、飯豊と四方の山並み
を一望。二度とは臨めないゆきむすめの
記憶のなかで年毎に美化されつつあります。
十年程まえのシーズンの終わりに
靭帯損傷の憂き目にあったゆきむすめ。
加えて加齢なる変身による筋力の減退。
泣く泣くスキーから足を洗った次第。
あくまでも下手の横スキーではあったが( ;∀;) カナシイナー

投稿: ゆきむすめ | 2008.01.30 15:11

追伸
板そばはいたる処に美味い店があります。
山形市を外れ天童を過ぎり
東根市や村山市周辺は蕎麦街道と
いわれる程沢山あります。
又芭蕉ゆかりの
大石田、尾花沢周辺など。
無論、山形市、天童市にも
ありますよ。

雅な古都の方は廉価の上に盛りのよさに
驚かれることでしょう。

投稿: ゆきむすめ | 2008.01.30 15:19

ゆきむすめさん、こんばんは。

スキーは、年に1回行くかどうかという程度のものです。道具も持って無く(いつもレンタルでした)この間初めて安い板を買いました。
蔵王スキーは仲間内に行こうと提案はしているのですが、なかなか実現していません。伊丹空港から飛行機を使えば案外早くて安いのですが。

鳥海山から飯豊山ってすごいパノラマですね。

それにしても、ゆきむすめさんの文章は格調高いですね。

投稿: お兄さん | 2008.01.30 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87066/17767332

この記事へのトラックバック一覧です: 定例更新433:

« 自助の精神 | トップページ | 定例更新434 »