« 定例更新416 | トップページ | 2007年夏の陸中海岸 »

2007.09.27

2007年夏の沖縄その6

6日目

07092701  最終日は中部に向かう。まずは読谷村の残波岬。岬の先端の白い灯台に登る。長い螺旋状の階段(これはかなりしんどい)を登ると海と岬のパノラマが広がる。
 展望部分が張り出した形のため、真下を見るとなかなかの迫力。風も吹いて気持ちいー。
07092702  続いて、サトウキビを絞って黒砂糖を作る工場見学と体験ができるということで、沖縄黒糖というところに行く。沖縄ハムと同じ敷地で関連会社なのだろうか。
 見学受付を済ますと、サトウキビを絞り機に入れるところを見る。サトウキビって木のように堅いが、絞ると意外に水分があるんだと感心。何でも重量比70%が水分だとか。
 この絞り汁を濾過して煮詰めると黒砂糖が出来る。本当にシンプルな作り方だ。試食するととても美味しい。続いて、黒砂糖作り体験。別室に行き、絞り汁をコンロで煮詰める。だんだん粘り気が出てきてどろどろになってきて、器に入れて冷ますと黒砂糖の塊のできあがり。丁度良い土産だ。
07092703  その後、道の駅「喜名番所」に寄る。最近出来た道の駅だろうか。地図には無かった。また建物も小さい物が一棟あるだけで最初分からなかった。
 お昼ご飯は吉野家である。なぜかというと、沖縄限定メニューでタコライスがあると聞いたのである。あった!早速注文。大盛りにするとなかなか食べ応えがある。味はまあ、普通のタコライスである。
07092704  最後は、那覇の免税店。まあ、免税店自体はそんなに興味はないが、国内のDFSは珍しいので行ってみた。
 かなり大きな建物で、人も多い。香水や化粧品の強烈な臭いが確かに免税店に来たと実感。一瞬海外旅行に来た気分になる。
 那覇空港では、一昨日炎上した中華航空機の残骸がビルの目の前にあった(別途掲載済み)。そんなこんなであっという間の6日間が終了。まずまず充実した家族旅行であった。

|

« 定例更新416 | トップページ | 2007年夏の陸中海岸 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年夏の沖縄その6:

» 海外旅行保険 [海外旅行保険 ガイド]
海外旅行の保険ノウハウ [続きを読む]

受信: 2007.09.28 15:52

« 定例更新416 | トップページ | 2007年夏の陸中海岸 »