« 定例更新412 | トップページ | 定例更新413 »

2007.08.31

2007年夏の沖縄その1

この夏休み、家族で沖縄に行った。
沖縄自身は7年ぶりくらいで2回目。今回はいろいろ見たいところがあったので無理して6日間の日程でたくさん回った。
ちなみに天気は直前の週間予報では6日間全て雨だったが、結局ほとんど晴れか曇りだった(夕立はあったが)。
おかげで暑くて日に焼けて大変だったが沖縄らしい夏を満喫することが出来た。いろいろ感じることがあったので自分の備忘録のために書き残すのである。

1日目

07083101  空港に着いてまず気づいたのは飲料の自販機のラインナップ。全体に価格が安く、さんぴん茶、ゴーヤ茶、うっちん茶など沖縄の茶が目立つ。
 写真では普通のサイズだが、実はほとんどの自販機は350mlは僅かで、缶コーヒー以外は、500mlの缶かペットボトルだ。
 実際暑いので500mlくらいすぐに飲んでしまう。さんぴん茶はたくさん飲んだが、ジャスミン茶の一種らしいが癖が無く飲みやすい。食事に合わせても違和感なく飲める。

07083102 まずは世界遺産でもある首里城。平成4年に復興、今も工事が続けられている。
 かつて沖縄は京都や奈良に負けないほど国宝や重文、史跡等文化財の宝庫だった。沖縄戦でほとんどが消滅したが、人類全体の損失だということを実感する。写真は有名な首里城正殿。思ったより小さかった。鮮やかな朱色が印象的。
07083103  今回は沖縄の郷土料理をしっかり食べることもテーマである(前回はろくに食べてなかったので)。
 大家(うふやー)という、名護では有名な郷土料理店に入る。夜のメニューは結構豪華で最低料金が3千円から。しまったと思ったが足を踏み入れた以上やせ我慢して食べることに。
 店は広く、沖縄の民家を模した部屋やパインナップル畑や亜熱帯の植え込みなど、凝った作りの建物だ。間接照明やろうそくの灯りだけで非常に暗いが雰囲気がある。写真は沖縄島豚のしゃぶしゃぶ。理屈抜きに美味しい。しっかりと味がある。また鰹と昆布ベースのだしも美味しい。今回の旅行の最大の贅沢を1日目にしてしまった。まあ、でも満足である。

|

« 定例更新412 | トップページ | 定例更新413 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年夏の沖縄その1:

» 餃子 作り方 [餃子 作り方]
まず餃子といえば王将です、ここは本当にうまい餃子 作り方だけでなくチャーハンもラーメンもおいしい低価格ということで味にはまったく期待していなかったのだがうまい。個人的には餃子よりチャーハンとラーメンが絶品だった。もちろん餃子もおいしかったが、ここで王将の餃子 作り方をぜひ聞いてみたい、餃子 作り方はまず皮が命である、そして王将では餃子 作り方にあたって独自の製法で皮をつくっているらしい、... [続きを読む]

受信: 2007.08.31 15:42

« 定例更新412 | トップページ | 定例更新413 »