« 2006年夏のしまなみ海道 | トップページ | 定例更新401 »

2007.06.07

2006年夏の愛媛

 前回の続きだが、愛媛県中西部を巡ったのである。
0706070107060702_1 内子に宿を取り、木蝋で栄えた内子の町並み(八日市護国)を散策する。ここは昔来たこともあるが、再び訪れる。
 相変わらず町並みの保存は見事で、夜と朝の二回に分けて散策する。夜は外灯もなくランプの明かりのみでとても暗いが、非常に情緒がある。二枚の写真はほど同じ場所を写したものである。
07060703_1  宇和町(今は西予市に合併)でも、卯之町の町並みを見る。資料館も充実していた。
 なお、訪れた際に偶然「Z-1グランプリ」という非常に興味深いイベントが催されていて非常におもしろかった。これについては項を分けて改めて紹介したい。
07060704_1  ついで大洲に立ち寄る。ここも何度も来た場所だが、昭和の
博物館や駄菓子屋ゾーンが開設され、おはなはん通りも綺麗になっていた。
 昔はなかった大洲城もできていた。肱川の川岸に立ち、なかなか美しい。非常に観光化が進んでいるようだった。

|

« 2006年夏のしまなみ海道 | トップページ | 定例更新401 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年夏の愛媛:

« 2006年夏のしまなみ海道 | トップページ | 定例更新401 »