« 定例更新396 | トップページ | 定例更新397 »

2007.05.12

2007年暖冬の鹿児島

07051201 暖かい2月の鹿児島です。写真は重伝建の入来麓
いりきふもと、薩摩川内市・旧入来町)。中世山城の武家屋敷街の跡。
 建物自体は古い物は見られないが、石垣と生垣が独特の景観を醸し出している。誰もいない町を散策する。
07051202  北西の長島に渡りドライブ。有名な焼酎「島美人」の工場があったので訪ねるが、残念ながら工場では販売はしていないとのこと。道路のあちこちで大きなボンタンが売られていたので買って帰る。家で食べたが、大変美味しかった。
 その後、出水市のツルの飛来地を見る。日本有数の飛来地と言うことで、この日も1万羽以上のツルがいた。タンチョウヅルと違い、色が黒い種類のようだ。

07051203  出水市の重伝建、出水麓(いずみふもと)。やはり石垣と生垣の武家屋敷街跡で、こちらは観光化が進んでいて、大きな駐車場や観光案内、幾つもの公開屋敷があった。
 これで鹿児島県の3つの重伝建(知覧麓・入来麓・出水麓)を全て制覇。皆同じタイプだが個人的には観光の臭いのない入来麓が良かった。07051204
 霧島方面に向かい、丸尾滝(まるおのたき)を見る。温泉水が流れ込んでおり、さわると暖かい。霧島神宮を参拝し、さくらさくら温泉に入る。泥を体に塗るのがおもしろい。塗ってから乾くまでの間は寒かったが、何となく肌が綺麗になったような、ならないような。
 帰り道にまた丸尾滝の横を通ったが、今度は真っ暗な中に緑の照明が幻想的だった。

|

« 定例更新396 | トップページ | 定例更新397 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年暖冬の鹿児島:

« 定例更新396 | トップページ | 定例更新397 »