« 定例更新375 | トップページ | 定例更新376・【7周年!】 »

2006.12.14

2006年秋の厳美・栗駒

はたまた10月中旬の東北巡りです。

06121401jpg


厳美渓 (げんびけい)である。前回の猊鼻渓と名前は似ているが、猊鼻渓は一関から栗駒高原に向かう途上にある。
ここがおもしろいのは、展望所の対岸の茶店からケーブル がつながっており、籠にお金を入れて合図をすると、籠が回収されてその後にだんごが籠に入れられて帰ってくる。よく考えたものだ。観光客がおもしろ半分に買っていく。

06121402


厳美渓で食事をし、その後栗駒高原目指して登っていくと、真湯温泉 のあたりで紅葉が美しい渓谷に出会う。
思わず路上に車を止めて橋の上を散策する。

06121403

見通しの悪い狭い道を延々登っていく。天候がどんよりとした曇りで視界もあまり良くない。
それでも時折、紅葉の美しい景色を見たり、湧き水を飲んだりしてドライブを続ける。
写真は岩手県と秋田県の県境の峠にある須川温泉 。もうもうと湯煙が上がり、温泉の湯量の豊富さが感じられる。
ドライブ疲れをほぐすために足湯 (これがまた熱い!)に浸かり、付近を散策する。

06121404

秋田県側に入って。須川湖 を散策。キャンプ場になっているがもう寒いので誰もいない。
雨が降ってきたので、帰ることに。宮城県に入った頃にはすっかり雨で、景色もほとんど霧で見えず、そのまま空港を目指して帰路についた。

|

« 定例更新375 | トップページ | 定例更新376・【7周年!】 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年秋の厳美・栗駒:

« 定例更新375 | トップページ | 定例更新376・【7周年!】 »