« そうだ 京都、行こう。曼殊院編 | トップページ | 定例更新370 »

2006.11.02

2006年秋の秋保

10月中旬も東北巡りしてます。

今回は秋保大滝、二口渓谷です。

06110201jpg
日本三大 瀑布の一つがあるというので秋保(あきう)の大滝に行く。
ちなみに三大というのは那智(和歌山)と華厳(栃木)は確定で3つめは諸説 あるが袋田(茨城)なども有力。
丁度紅葉が始まったところで木々が色づいている。

06110202
滝壺 のそばまで降りてみる。ひんやりとした空気が心地よい。さすがマイナスイオンの宝庫である。
確かに大きな滝ではあるが、これを三大瀑布の一つというのははっきり言って違和感がある。
那智の滝は行ったことがあるが落差133mで滝壺付近は飛沫の強風で凄い迫力だったことを考えるとちょっと拍子抜け。でも滝壺から飛沫が吹き上げてV字型 に見えるのはおもしろい。

06110203

その後、山形の山寺に行こうとしたら通行止めの表示が。あきらめ掛けたが近くのビジターセンターに駆け込み、事情を聞くと、途中の二口渓谷が穴場 で綺麗と言われ、行ってみる。
途中で舗装路がダートに変わり、渓谷に沿って登っていく。
写真は磐司岩 。丁度夕日が岩場の上部にあたり、美しい。

06110204

がたがたの悪路であるが、冒険ぽくておもしろい。湧き水 が出ていて、飲んでみると冷たくておいしい。とうとう行き止まり にぶつかる。谷を見ると、滝があるので降りてみる。地図によると白糸の滝とある。
すっかり夕暮れであるが、誰もいない沢にしばし佇む。

|

« そうだ 京都、行こう。曼殊院編 | トップページ | 定例更新370 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年秋の秋保:

« そうだ 京都、行こう。曼殊院編 | トップページ | 定例更新370 »