« まだ見ぬ青森 | トップページ | ライブドアショックについて »

2006.01.04

夏川りみ

 我輩は芸能界にはあまり興味がない。
 使い捨てのような歌手やタレントが垂れ流しのように消費 され、プロモーションの巧拙 で売上が決まってしまう。とても金を払ってCDや曲を買おうという気になれない。
 もちろん、流行の曲もそれなりに面白いし好きな歌手もいるからそういう曲は車やiPod、パソコン作業中に良くは聞いてはいる。
 が、久しぶりに我輩の感度の鈍い アンテナを響かせる歌手に出会った気がするのである。夏川りみである。よく調べると最近連続して紅白にも出ているので、意外にメジャーで驚いた。
 1年くらい前であろうか、テレビかラジオか忘れたが夏川りみの歌が聞こえてきた。「さとうきび畑」という歌だが、沖縄の人の悲しみを淡々とそれでいて深く歌い上げる歌声に釘付けになった。不意に涙が出てきて久しぶりに を揺さぶる歌手に出会えたと思ったのである。
 遊佐未森以来の久々の永久保存ライブラリーになりそうである。
 声や歌い方に表情があり、過剰に主張しない伴奏もいい。人生で挫折 を味わっているだけに深みがあるのだろうか。まあ、ビジュアル的には余り映えないが。

|

« まだ見ぬ青森 | トップページ | ライブドアショックについて »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏川りみ:

« まだ見ぬ青森 | トップページ | ライブドアショックについて »